防鳥網設置

DSCF3309  DSCF3281

 

ミツバチの巣らしいのですが、変わった形態なのではないでしょうか。防鳥網を設置している時に職人さんがバルコニー内にあるのを発見しました。危険なので作業を中止しようかと思ったのですが、周辺にほとんど蜂が見受けられなかったという事で作業は継続されました。N殿ありがとうございました。網の設置により蜂の動きが制限され、それに伴い周辺に影響が出ない事を祈っております。オーナー様には害虫駆除の業者さんに巣の撤去を依頼されるように進言したのですがそもそもミツバチって害虫に含まれるんでしたっけ?このバルコニーはクーラーの室外機と給湯器の置き場として設計されており入居者さんの出入りはほとんどありません。だからこそこのようなものが出来てしまったとも考えられます。元々はハトの浸入を食い止める為に防鳥網の設置を実行したのですが、ミツバチを外敵から保護する結果になってしまったかもしれません。品川区で鉄筋コンクリートのマンションにも関わらずこのようなサイズまで拡張したのには驚きました。竪樋と外壁の間に挟まれるように存在することで安定感まで感じてしまいます。恐るべしミツバチ。しかし、この巣の寿命はそんなに長くはないという事になります。ミツバチさんにとっては不運でしかなかった今回の作業と相成りました。住人の方より先に蜂の巣を発見する事は珍しくありませんが今回はデカかった。そして、スズメバチでなくて本当に良かった。

http://www.kensui-protect.co.jp/