良い業者は最初に会った瞬間に分かる?

小話

「見立てが腑に落ちない」という経験は誰にでもあるでしょう。

例えば体調不良で病院に行った時、ドクターが診察して病気を特定?して薬を処方してくれますよね。時にその処方された薬がいまいち効かなかった事はないですか。そうだとしても言われた通りに数日間はまじめに薬を飲み続けますよね。飲み続ければ改善するかもしれないという期待を込めて…。でも改善しなくてね…、なんて経験はありませんか?

思い返してみれば気になる事がありました。診察の時、こちらが一生懸命病状説明をしているのに先生は受け流していただけだったな、と。でも、そうは言っても病院の先生が言う事だからもう一度くらいは通いますよね。薬ももらわなくてはならないし。でも、そのうち原因とか関係なく治ったりして…。

例えば、初めての美容室や床屋に行った時は(よっぽどの事情がない限り床屋を変える勇気はないが、流石に引っ越したりした場合は致し方ない)今までの髪型やパーマなどの詳細を伝えなければならないですよね(もはや多少の仕上がりの差は覚悟の上だが)。

しかし、その結果に満足する事は少ないのです。よって、翌月からしばらくはいつ終わるとも知れぬ床屋探しの旅が始まってしまうのが常であります。それとも、最初はお互い慣れなくても同じ床屋にしばらく通えば意思の疎通もスムーズになるしいずれ期待通りの仕様で仕上げてくれるかもしれません。たぶん。

例えば、整骨院や鍼灸院に数か月間(もしくは数年間)通い続けるという状況。それって治ってねーだろ?…って。そこに通ってる意味はあるんですか? そんなに長い期間あれば自然治癒してんじゃないの?…って。(特に整骨院や鍼灸院に恨みなどは無いです。念のため。)

あなたは「見立てが腑に落ちない」と感じてはいるけれどいつか治ればそれで良し。とか。先生や専門の人が言うのだから言うとおりにしていれば間違いないだろう。という自己暗示にも似た妥協をしてはいませんか。

病院の先生だって分からない事は沢山あるはずだし間違いも犯すかもしれません。お金を払ってまで間違っている薬をもらいに行くことはないのでは?その先生は自分自身が「分かっていない」という事に気づいていないのかもしれないのです。

期待通りの仕上げがいつになっても出来ない理髪師はいつになってもこちらの思う仕上げは出来ません。センス的に無理なのかもしれないし、もし、技術的な事を知らない場合は理髪師がそれを身につけるまでこちらは妥協を続けるしかありません。

鍼灸師は通ってくる患者さんが治癒しているかどうはあまり問題ではないのかもしれません。「また明日も来てくださいね」って挨拶する事の方が大事なのかもしれません。

妥協は悩める時を長引かせるだけなのです。

例えば、建築や防水に携わっているからといって雨漏りにも詳しいという事にはなりません。

もしも悩みが雨漏りだった場合は今すぐ私達に連絡して下さい!

電話かメールするだけで雨漏りの悩みは全て消え去ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    弊社にご興味・関心をお寄せいただき有難うございます。
    雨漏り調査・修理依頼等は、以下よりお願いいたします。
    ※お電話でも連絡可能です(03-6682-6190)

    必須お名前

    必須メールアドレス

    任意電話番号

    必須お問い合わせ内容

    ※確認画面は表示されませんので、内容を確認し送信してください。
    ※送信に数秒かかる場合があります。送信ボタン下に「送信されました」と出るまでお待ちください。

    ※このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約