雨漏り原因:折板屋根にボルトキャップを取り付けました[練馬区]

 練馬区にて折板屋根にボルトキャップの取り付けを行いました。

 はじめに、折板屋根は大きく3種類に分けられます。「重ねタイプ」「ハゼ締めタイプ」「嵌合(かんごう)タイプ」です。今回は一般的な鋼板の継ぎ目をボルト固定する「重ねタイプ」の対応となります。

 折板屋根の寿命は「鋼板の厚み」「鋼板の種類」「メンテナンス頻度」により大きく変わりますが、よく用いられるガルバリウム鋼板で約20~30年で、メンテナンスに関しては約10~12年ほどで必要になってきます。
特に「重ねタイプ」はボルト部分に発生した錆や腐食が拡がり雨漏りに繋がることが多いです。
また、ボルトは折板屋根を固定する屋根上にあるため、簡単にボルト部分のみ交換することはできません。

 この問題を解決してくれるのが「ボルトキャップ」です。
「ナットキャップ」「テンキャップ」「サビヤーズ」…などなど様々な商品名で販売されてます。
素材は耐候性に優れる「ナイロン」や「塩化ビニール」で価格も安く手頃に交換でき、屋根に合わせ様々なカラーバリエーションもあります。うれしい。

折板屋根とボルトキャップ

取り付け方法はボルトキャップにコーキングを充填し、ボルト(ナット)に固定します。

ボルトキャップは折板屋根に無くてはならないものです。
雨漏り対策や折板屋根の塗り替え時に取り付け、交換をご検討ください。