雨漏り110番練馬店

Pocket

「身体の病気」、「家の病気」

【身体の病気】
雫(しずく)さんは急に体調が悪くなりました。原因は不明。でも明らかに普段とは違っていて微熱もあります。
という事で病院に行きました。
かかりつけの病院だし家から近いので後々通う事を考えてもその病院に診てもらうのが妥当だと思いました。

先生に症状を説明していると、全部まで言わないうちに「たぶん風邪じゃないか」との見立て、先生がそういうのであればそうなのだろうという事で薬を処方してもらう事に。
熱を下げる薬、抗生物質、痛みが出た時に飲むやつ、などなどを受け取って帰りました。

しかし、処方してもらった薬を飲んでも一向に症状は改善しないので再度病院へ出向く事にしました。
先生は他の病気の可能性も考えてくれて、今度は違う薬を処方してくれました。

しかし、体調は戻らず返って悪くなったような気もします。またまた病院へ行きました。
「先生、どうなんでしょうか?治るんでしょうか」
「雫さん、私ではもうこれ以上手に負えませんので専門の科がある病院へ行って下さい。」

どうやらその先生には雫さんの病気を特定出来る知識や経験値が不足していたようです。
医者とはいっても知らない事は沢山あるのですね。どうしたら専門知識があって経験値の高い信頼に値するお医者さんを見つけられるのでしょうか?出来れば近い病院がいいのですが。紹介してもらった病院は必ず病気を克服してくれるのでしょうか?雫さんは不安でたまりません。

 

【家の病気】
昨日の雨で天井付近から急に雨漏りがしました。原因は不明。でも明らかに柱に雨染みが出来ていて天井の一部にも色が変わっている場所があります。
という事で家を建ててくれた工務店に連絡をしました。
家を建ててくれた会社だし近いので後々の事を考えてもその工務店に見てもらうのが妥当だと思いました。

担当者に状況を説明していると、全部まで言わないうちに「たぶん屋根じゃないか」との見立て、建築会社がそういうのであればそうなのだろうという事で早速補修工事を行う事に。ハシゴで屋根に上り、あちこちシーリング材を打って処置をしてくれました。

しかし、雨が降ると以前と変わらず雨漏りが再発したので再度工務店に連絡しました。
担当者は別の可能性も検討し、今度は壁やサッシの周辺にシーリング材を打ってくれました。

しかし、雨漏りは止まるどころか以前にも増して天井付近から浸出してきました。またまた工務店に連絡しました。
「どうなっているんですか?何処が原因なのですか?」
「申し訳ありませんが、私達では手に負えません。雨漏り専門の業者に見てもらって下さい。」

どうやらその工務店には雨漏りの原因を特定出来る知識や経験値が不足していたようです。
建築会社とは言っても、こと雨漏りとなると知らない事があるのですね。どうしたら専門知識があって経験値の高い信頼に値する雨漏り専門業者を見つけられるのでしょうか?出来れば近くの会社がいいのですが。

後悔はさせません!あなたの近くの「雨漏り110番」に連絡して下さい!
私たちがあなたの不安を根こそぎ取り除きます!

今すぐクリック👇
雨漏り110番練馬店